私たちの身体健康を維持する事が目的

医療とはその事実、私たちの身体の健康を維持するための治療と言われています。
もし万が一にも、私たちが日々の生活の中で、何かしら、個人では絶対に治せない身体に異常を来した場合には、医療に罹る事になります。
病院、その他に赴いて、医師の判断に委ねる事になる訳です。
その医師の診断そのものが医療と言う事になります。
医師の診断はつまりは医学の判断と言う事です。
身体のその異常と感じる諸症状がどのようなもので、原因もどういう事で起きるのかを医師はその診断により追求しながら対策を見出します。
人間の身体は外部から内部、とにかく身体全てに於いて、複雑に構造されています。
ある意味では、身体に表面の毛までが診断に該当すると言う場合もある訳です。
そして私たち人間の身体には目で見えない繊細である場合も、それすらもしっかりと検査して病名を決定すると言うのが医療の分野と言われている訳です。
病原菌は必ずしも目に見えるものではなく、顕微鏡で見る事も医療です。